本文へスキップ

Japan Agriculture, Forestry and Fisheries ASSOCIATION

日本農林水産プロフィールprofile

一般社団法人 日本農林水産は、地域再生・循環型一次産業を目指しています。

一般社団法人 日本農林水産について

目 的


@環境・エネルギー事業・地球環境問題に関する各種調査研究

A環境・エネルギー事業に関する技術の普及・啓発・地域事業支援

B環境・エネルギー事業に関する人材育成

C環境・エネルギー事業に関するコンサルティング

D農業・林業・水産業など第一次産業の代行、請負、委託に関する事業

E農業・林業・水産業など第一次産業の規模拡大や施設等の整備に関する事業

F農業・林業・水産業など第一次産業のため、国土・施設等の有効利用の促進に関する事業

G農業・林業・水産業など第一次産業の担い手の確保・育成に関する事業

H農業・林業・水産業など第一次産業の技術の開発と普及に関する事業

I農業・林業・水産業など第一次産業に関する調査研究及びコンサルティング

Jその他前条の目的を達成するために必要な事業



当法人は一次産業における様々な課題に対して、課題解決型のプロジェクトを行い

就業者ならびに事業者の持続的な経済活動を支え、 働き甲斐のある環境整備を行うことで産業全体の創生を行うことを目的とする


組織・役員

役職 名前
代表理事 西村 公秀
副理事長 山下 竜一
理事 西村 嶺 黒田 成樹

CSR宣言・当社団法人が目指すもの

食材、木材、加工品、燃料などの全ての製品ががグローバルに動く時代に生きています。
それはまた、「どこにでもあるもの」から、「ここにしかないもの」が、大切な時代になったという事でもあり、
1人1人が、互いに分かち合い、支え合う仕組みが必要となります。
日本及び地域の将来は、我々世代が創るものであり、より良い地域と環境を、我々の子や孫達に贈る責任があります。

我々社団法人日本農林水産は、各支援事業を通じ、より良く豊かな地域社会を皆様とともに築くため、
次の使命を果たします。

「人材支援」
人手の補充、専門分野の人材の育成等の支援を積極的に行います。
「地域社会」
一次産業の再構築と循環型社会を作るため、環境の整備に尽力します。
「再生可能エネルギー」
各種発電関連事業を通じ、地元経済を活性化し、雇用促進に貢献します。




このページの先頭へ

一般社団法人 日本農林水産

〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通5-2-19

TEL 078-381-7033